BOND NEWS ~人材の今を見る、業界の明日を知る~

人材紹介会社の仕組み、「登録型」と「サーチ型」の違い

エグゼクティブ採用の場合、転職サイトや雑誌などの一般公募ではなく、人材紹介会社を通じて人材を獲得するケースが増えています。人材紹介とは、採用活動を行っている企業に対して、条件に合った候補者を紹介する採用支援サービスを指しますが、その方法はさまざま。そこで今回は、「登録型」や「サーチ型」などに分類される人材紹介の仕組み、それぞれの違いやメリットなどについてご説明します。

人材紹介の分類を知る ~登録型・サーチ型・アウトプレースメント型~

人材紹介は、「登録型」「サーチ型」「アウトプレースメント型」に大別することができます。アウトプレースメント型は、事業規模縮小などで人員整理を進める企業のために、社員の再就職などの支援を行うサービスです。今回は採用がメインですので、「登録型」と「サーチ型」を中心にご説明したいと思います。

実務層~ミドル層の採用に最適な「登録型」

日本で最も多く利用されている人材紹介の方法が登録型です。人材バンクと呼ばれる登録型は、あらかじめ転職希望者に情報を登録してもらい、キャリアやスキル、希望条件などを申告してもらいます。そして求人が発生した際に、それぞれの企業のニーズにマッチした人材を推薦します。ただし、登録者の中に必ずしもご希望通りの人材がいるとは限らず、とくにミドル層以上のエグゼクティブ人材となると希少。そのため実務層~ミドル層の採用に向いている方法と言えるでしょう。

ミドル層以上の採用に最適な「サーチ型」

企業から受けた求人に対して最適な人材を探し、紹介するのがサーチ型です。登録型の対象者は登録者のみですが、サーチ型では現在転職を希望していない方まで含めて、人材紹介会社のネットワークを駆使して企業が求める人材を探します。そのためヘッドハンティングやスカウトとも呼ばれています。以前は「エグゼクティブサーチ」と言われていたこともあり、経営層や管理層クラス、また業界や分野に特化したスペシャリストの採用に最適です。

人材紹介を利用するメリット

人材紹介を利用する最大のメリットは採用活動の効率アップとコストダウンです。一般的な人材紹介は完全成功報酬制が多く、確実に採用できることが最大のメリットでしょう。人材紹介会社が仲介役として間に入ることで、候補者のリストアップや応募者の管理、面接の連絡や結果の通知などの手間も削減でき、人事の負担を大幅に軽減できます。

また人材紹介会社では、「登録型」と「サーチ型」の両方の機能を兼ね備えていることも多く、迅速な人材の確保はもちろん、経営者視点を持ったエグゼクティブ層や業界知識が豊富なプロフェッショナルも可能です。

一般的にサーチ型は費用が高いため敬遠される経営者・採用担当者の方もいらっしゃるかもしれませんが、「採用できなかった」「採用後に想定していた効果が出なかった」「すぐに退社してしまった」ということになれば、大きな損失になりかねません。サーチ型であれば徹底的に調査のうえで最適な人材をご紹介するので、採用コストがかかったとしても将来的な収益につながる可能性は高くなります。そこで求める人材に合わせて、最適な人材紹介の方法を知っておく必要があるのです。

BACK NUMBER
エグゼクティブ求人の基礎知識
業界動向

Copyright © Bond Associates inc. All Rights Reserved.