BOND NEWS ~人材の今を見る、業界の明日を知る~

採用に効く「3C分析」の基本をマスターする

採用活動において、自社分析が欠かせないことは言うまでもありません。自社の強み・弱みを理解し、候補者に魅力を効率的に伝えることが採用力アップにつながります。以前に自社分析の方法として「SWOT(スウォット)分析」をご紹介しました。

今回はSWOT分析と並んで企業分析の基本フレームワーク「3C分析」をご紹介します。SWOT分析同様、マーケティング分野で広く使われている3C分析ですが、今回は採用にターゲットを絞って実践的に解説します。

そもそも「3C分析」とは

3C分析とは、「Customer(市場・顧客)」「Competitor(競合)」「Company(自社)」の頭文字をとったマーケティングの基本フレームワークです。市場・顧客のニーズや成長性を整理する「市場・顧客分析」、競合他社の強み・弱みや戦略を整理する「競合分析」、自社の強み・弱みを整理する「自社分析」の3つから成り立っています。

3C分析は企業や事業部、製品やサービスなど、さまざまな分析に用いられます。その理由は事業やサービスの方向決定に効果的だからです。当たり前ですが、市場・顧客が変われば競合と差別化すべきポイントが変わります。競合が変われば自社の強み・弱みも変わるでしょう。このように外的要因・内的要因を考慮しながら自社情報を可視化できることが最大のメリットです。

採用における3C分析とは

3C分析は経営・事業の方針決定によく利用されますが、そのまま採用活動にも展開できます。まず3C分析の「Customer(市場・顧客)」を「採用活動の候補者」に置き換えてみましょう。そうすると「Competitor(競合)」は採用市場において自社と比較検討される企業になり、「Company(自社)」は採用活動における強み・弱みに絞ることができます。このように3C分析をうまく活用することで、採用市場にいける自社の立ち位置と競合優位性を明確化できます。

具体的にどのようなことを記載するのか

少し具体的に採用における3C分析の検討事項をまとめてみました。

「Customer(市場・顧客)」

・候補者が企業選びで重要視していることは?
・現在の採用市場において候補者の数は?
・転職を検討する条件やタイミングは?

「Competitor(競合)」

・採用市場で競合となる企業は?
・競合他社の採用活動の方法は?
・採用ポジションや給与などの待遇は?

「Company(自社)」

・採用における自社の強み・弱みは?
・自他のブランド力やネームバリューは?
・独自の商品やサービスは?
・給与・賞与や福利厚生は?
・仕事の面白み・やりがいは?

上記は一般的な内容ですが、このようなアプローチで採用における3C分析を行っていきます。3C分析は採用における事実情報をまとめたものに過ぎません。3C分析によって自社の立ち位置と競合優位性が可視化できたら、SWOT分析によって採用における自社の価値を明確にします。

新卒・中途採用問わず、候補者に対して魅力を伝え、採用力を高めるためには自社分析が欠かせません。特にエグゼクティブ・ハイクラス層となれば、企業情報をくまなくチェックしてから転職を検討します。そこで自社の魅力を打ち出すための採用戦略を立てる必要があり、そのために自社分析が重要になります。

エグゼクティブ・ハイクラス層に特化した人材紹介会社「ボンド・アソシエイツ」では、経営者や採用担当者の方々のお手伝いをしております。採用でお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。お悩みをしっかりとヒアリングしたうえで、最適な候補者をご紹介します。

BACK NUMBER
エグゼクティブ求人の基礎知識
業界動向

Copyright © Bond Associates inc. All Rights Reserved.