BOND NEWS ~人材の今を見る、業界の明日を知る~

優秀な人材の定着率を高めるリテンション・マネジメント

従来の日本企業は「終身雇用」「年功序列」が一般的でしたが、経済状況の悪化やグローバル化にともなって雇用の流動化が進んでいます。優秀な人材ほど現状を正確に判断し、給与や待遇、事業内容や業務領域、やりがいや満足感を求めて積極的に転職を望む時代になったのです。この傾向はエグゼクティブ・ハイクラス人材と呼ばれる、企業成長に欠かせないポジションほど顕著になっています。

採用市場で考えれば、より優秀な人材を獲得するチャンスが増えたとも言えますが、同時に自社の将来を担う人材が流出する可能性も高まったことを意味します。そこで注目を集めているのが雇用流出を防ぎ、優秀な人材の定着率を高める「リテンション・マネジメント」です。

リテンション・マネジメントとは

リテンション(Retention)には「維持・保持・引き留め・継続」といった意味があり、人事の世界ではリテンション・マネジメントを「人材の引き留め施策」と訳します。分かりやすく言い換えると、「社員が仕事にやりがいや幸福感を感じられるように働く価値を創出し、優秀な人材の流出を防ぐ施策」といったところでしょう。欧米諸国では人事マネジメントの手法として広く認知されており、グローバル企業ではスタンダードなものになっています。

給与だけではない、モチベーションを高める手法

エグゼクティブ・ハイクラス層のような優秀な人材の流出を防ぐ手段として、真っ先に思い浮かぶのが「金銭的報酬」ではないでしょうか? 確かに給与のベースアップや賞与などのインセンティブである程度不満を解消できますが、根本的な解決にならないこともあります。最初のうちは喜びを感じるかもしれませんが、次第に「基本給やボーナスは当たり前」と考える社員もいるでしょう。

金銭的報酬による満足感には限界があります。そこでリテンション・マネジメントで重要になるのが「非金銭的報酬」です。転職を考えている人は、必ずしも報酬に不満を持っているとは限りません。「残業や休日出勤が多い」「将来的なキャリアパスがイメージできない」「会社や組織の目指す方向性に疑問がある」などの不満を抱えている可能性もあるのです。こういった不満を解消し、さらに働く価値を感じてもらうことが「非金銭的報酬」であり、モチベーションを高める方法です。

働く価値を生み出す「非金銭的報酬」とは

今の企業で活躍したいと思える「働く価値=非金銭的報酬」とはなんでしょうか? 一般的には、以下のような項目が非金銭的報酬として考えられています。

経営者や上長による「感謝」

社長や上長から社員に伝える感謝のメッセージも非金銭的報酬の一つです。企業経営は社員なくして成り立ちません。そこで日頃から社員の成果に対して感謝を伝え、共に喜び合うことで、社員は会社のためにがんばろうという活力が湧くのです。

ワークライフバランスの「調和」

近年は仕事とプライベートの両立を重視する方が増えています。生活が充実すれば仕事への意欲も自然と高まるものです。そこで「在宅勤務」「フレックスタイム」「時短勤務」「育児・介護休暇」など、それぞれの社員が働き方を選べる制度づくりも重要になっています。

キャリアアップにつながる「支援」

エグゼクティブ・ハイクラス層のような人材は、給与以上に自分のキャリアや魅力的な業務に関心を示すものです。そこで教育や研修の充実といった勉強の場を用意するとともに、社内公募制や社内FA制のような発言・異動のチャンスを与えることも重要です。

企業文化や労働環境の「改善」

会社は1日の中でもっとも長い時間を過ごす場所です。だからこそ、居心地の良さ=会社への定着につながります。オフィスが清潔で十分なパーソナルスペースが確保されている、たったそれだけでも会社に残る動機づけになることもあります。また、社員同士で努力や成果を認め、感謝し、高め合えるような企業文化も「貢献したい」と感じる要因となるでしょう。

社員に直接聞いて、社員の求めていることを理解しましょう

一般的な非金銭的報酬をご説明しましたが、すべての企業に当てはまるものではありません。リテンション・マネジメントの難しいところは、それぞれの従業員によって幸福を感じるポイントが異なるということです。例えば上昇志向の強い社員が多い企業であれば、ワークライフバランスよりも成長やキャリアアップのチャンスを求めているでしょう。逆に家庭のある社員が多い企業であれば、ワークライフバランスを重視した多彩な働き方を求めているかもしれません。社員が求めていることは、実際に聞いてみないことにはわからないのです。

そこで定期的に意識調査や満足度調査を行い、社員の気持ちを確認する必要があります。優秀な人材が離職する原因を知ることが非常に重要なのです。実際に近年では退職者インタビューをする企業も増えているそうです。

すべてを実行しようと思うと大変ですが、「従業員が幸せになれる環境をつくる」ことがリテンション・マネジメントの基本です。あまり難しく考えず、経営者や人事担当者の方は、まず社員にいろいろと聞いてみることをおすすめします。

リテンション・マネジメントは採用にも有効です

リテンション・マネジメントを取り入れれば雇用流出の阻止だけではなく、新たに迎え入れるエグゼクティブ・ハイクラス人材の成長や活躍にも効果を発揮します。また、そんな会社の姿勢は採用活動においても良い結果ももたらすことでしょう。

BACK NUMBER
エグゼクティブ求人の基礎知識
業界動向

Copyright © Bond Associates inc. All Rights Reserved.