BOND NEWS ~人材の今を見る、業界の明日を知る~

アカウントエグゼクティブやアカウントマネージャー etc 分かりづらいエグゼクティブの役職を整理しましょう

最近では、名刺交換の際に「アカウントエグゼクティブ」や「アカウントマネージャー」などの肩書きを目にする機会も増えました。これは欧米流の職務を重視したスタイルですが、実際の役職が分かりにくいといった弊害もあります。またエグゼクティブクラスの採用では、履歴書でこれらの役職を見て、「実際にどんな仕事をしてきたのだろう?」と悩まれる経営者・採用担当者もいるのではないでしょうか?

アカウントエグゼクティブやプランナー、マネージャーの意味は?

アカウントエグゼクティブという肩書きに対して、「エグゼクティブ=管理職や経営者」のようにイメージする方もいるのではないでしょうか? エグゼクティブ層やエグゼクティブ人材といった使われ方もするので当然です。エグゼクティブの意味については、ぜひエグゼクティブ人材とは」をご覧ください。

しかし、アカウントエグゼクティブを日本語の役職になおすと法人営業になります。もともとは広告代理店で使われていた言葉で、クライアントとの窓口になり、広告提案を行い、ときには制作進行までフォローするため、「広告主(アカウント)の管理をする」という意味で、アカウントエグゼクティブという肩書きが使われているのです。現在では派生して、IT業界などの法人営業でも使われるようになっています。

アルファベット3文字で表す、トップマネジメント層の役職

管理者・経営者などの役員クラス、いわゆるトップマネジメント層を「CEO」「COO」「CIO」「CTO」のようなアルファベット3文字で表すことが増えてきました。しかし、似ているうえに英語ということもあり、非常に分かりにくい役職の代表格ではないでしょうか? そこで簡単に一覧でご紹介します。

CEO 最高経営責任者(Chief Executive Officer)

会社すべての業務執行を統括する役員にあたり、日本では取締役会長や代表取締役に近い存在です。

COO 最高執行責任者(Chief Operations Officer)

会社の事業運営をCEOのもとで統括する役員です。会長がCEOであれば社長はCOO、社長がCEOであれば副社長がCOOのようになる場合が多いようです。

CAO 最高総務責任者(Chief Administrative Officer)

総務に関する会社全体の業務執行を統括する役員で、総務部門のトップです。

CFO 最高財務責任者(Chief Financial Officer)

財務に関する会社全体の業務執行を統括する役員で、財務部門のトップです。

CLO 最高法務責任者(Chief Legal Officer)

法務に関する会社全体の業務執行を統括する役員で、法務部門のトップです。

CIO 最高情報責任者(Chief Information Officer)

情報に関する会社全体の業務執行を統括する役員で、情報管理部門のトップです。

CTO 最高技術責任者(Chief Technical Officer)

研究開発や技術部門の業務執行を統括する役員で、技術部門のトップです。

このほかにも「CMO(最高顧客市場分析調査責任者)」や「CPO(個人情報保護最高責任者)」などの肩書きもありますが、基本的には各部門を統括する役員とお考えいただければと思います。

BACK NUMBER
エグゼクティブ求人の基礎知識
業界動向

Copyright © Bond Associates inc. All Rights Reserved.