BOND NEWS ~人材の今を見る、業界の明日を知る~

人材紹介会社を最大活用するために覚えておくべき4つの注意点

エグゼクティブ採用が増加している要因でもご説明しましたが、近年はグローバル化や後継者問題などを背景にエグゼクティブ・ハイクラス人材のニーズが拡大しています。そこで注目を集めているのが人材紹介会社の活用です。今回は経営者や採用担当者の皆様に覚えておいていただきたい、人材紹介会社を利用する際の注意点をまとめてみました。

採用活動の基本に立ち返りましょう

求人媒体に広告を出稿しても応募が集まらない、人材紹介会社からの紹介が少ない、紹介自体は多いがマッチングが悪い――。採用活動でこのようなお悩みを抱えている企業は多いのではないでしょうか? そのような場合は、以下のポイントを見直してみましょう。

・ペルソナ(求める人物像)が明確に定まっていますか?

・面接での評価方法は統一できていますか?

・自社の特色や魅力は明文化されていますか?

・自社の特色や魅力を採用市場に発信できていますか?

・最新情報を常に人材紹介会社に伝えていますか?

上記で1つでも当てはまるようなら見直しをおすすめします。

面接のプロセスや基準を統一しましょう

採用プロセスに問題はなかったか、採用基準は統一されているか、面接に適切な担当者が参加しているかなど、面接のプロセスや基準を見直しながら改善していくことが大切です。また、不採用となった理由などを人材紹介会社にフィードバックすることで、より理想に近い候補者を紹介してもらえる可能性も高まります。

条件や費用を必ず確認しましょう

人材紹介会社を通じて採用活動を行う場合は、紹介料や求人情報の公開/非公開条件などの条件を予め決めておく必要があります。人材紹介の基本的な流れと費用でもご説明したように、人材紹介といっても「完全成功報酬型」「固定報酬型」「複合報酬型」というシステムがあり、それぞれ紹介料や採用プロセスが異なります。また、非公開で採用活動を実施するのであれば、その条件についても決めておく必要があります。

採用コンサルタントと二人三脚で検討しましょう

経営者であれば、自社の課題を正確に把握されていると思います。しかし、その課題を解決するために必要な人材を判断することは難しいものです。人材紹介会社の採用コンサルタントは変化の激しい採用市場に身を置き、人材の動向を把握し、希望者から届く数百ものレジュメを読み、面接や指導を行っているプロフェッショナルです。そんなプロと一緒に採用市場での戦略立てすることがキャリア採用の近道だと言えます。

それでも求める人材が見つからなければ

人材紹介会社にも得意分野がありますので、「不採用の理由を伝えてもマッチングする人材が紹介してもらえない」「紹介の数が少なすぎる」などの不満を感じるようなら、人材紹介会社の見直しを検討してもよいでしょう。また、完全成功報酬型の人材紹介会社であれば、複数に依頼するというのも手です。

求める人物像がはっきりとしていれば、それに合わせて専門性の高い人材紹介会社を利用するとよいでしょう。たとえば、BOND NEWSを運営しているボンド・アソシエイツは、金融・コンサルタント、マーケティング、電力・エネルギーといった分野に精通しており、経営幹部層から将来の幹部になり得る若年層までをカバーしています。このように、人材紹介会社もさまざまですので、相性のよいパートナーを見つけることが大切です。

BACK NUMBER
エグゼクティブ求人の基礎知識
業界動向

Copyright © Bond Associates inc. All Rights Reserved.